大手キャリアから格安SIMに変えると何が起こる?

###Site Name###

一般家庭に於ける毎月の家計固定の中に通信費が含まれていますが、2人以上の家族がいる場合に多くの割合を占めているのが携帯電話料金です。
携帯電話料金は、通信料金以外の24ヶ月払いの端末料金も掛かって来ますので、割高な端末を使っている場合の月額負担は、購入割引を使っていても結構な金額に達する事もあります。

その負担を出来るだけ抑えたいと感じた場合におすすめなのが格安SIMであり、格安SIMに変更する事で大幅に月額料金が下がって通信費用の削減をストレスなしに行う事が出来ます。



大手キャリアから格安SIMに移るためには、いったん解約をして新規契約をするか、番号持ち運び制度であるMNPを活用する方法があります。



大手キャリアから移る場合の注意点としては、契約から約2年が経過するまでに解約してしまうと解約手数料が発生してしまう可能性があるので、移る事を決めた場合は解約手数料が0になる解約期間を事前に調べておくと無駄なく契約をする事が出来ます。格安SIMの音声通話SIMの契約は、大手キャリアと同様に契約期間が設定されている事がほとんどであり、6か月・12か月といった期間内に解約した場合は、大手キャリアと同様に解約手数料を請求される点には注意しましょう。



なお、一部事業者の中には音声通話であっても解約手数料を設けていないところもあります。

個人で契約する場合の音声通話プランは、通話基本料と高速データ通信3GBがセットになっているプランは2千円弱がほとんどですので、特にデータプランに関しては相当なお得感を味わえるでしょう。